読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ココロをいたわるブログ

言えないけど書きたい心の声

就活の自己分析がきっかけで、うちの母親が毒親だと気づいた話

就活をする前からキャリア系の授業で自己分析をする機会が多く、これまでの20年間の人生を振り返り「楽しかったこと」「頑張ったこと」「辛かったこと」「挫折体験」などを洗い出す作業をしました。(折れ線グラフにするやり方もあるそうです)

自己分析を就活解禁と同時に開始する人もいます。業界は絞らず(または3つほど候補をあげて)選考を進めるなかで自分の軸が見えてきた。というようですが、どうしても選考が長期戦になることは避けられず、軸が見える前に、社会に否定されたように感じてしまうのではないかな、と思います。それでもいいのだ、という覚悟がはじめから必要だと思われます。

 

自己分析をするなかで、わたしは自分の育てられ方に疑問を感じるようになりました。というか、確信になりました。

母はどうやら今話題になりつつある、毒母であるようでした。(そう書いている時点で罪悪感がこみ上げてきます)

きっかけはキャリア系の授業でやった「人生の振り返りシート」で小学校からの思い出に残った出来事を箇条書きにする作業。「人に評価されていないと、楽しい思い出が何もない」ことに気づきました。

ネットで調べて見つけた「毒親に育てられた人の特徴」のチェックリストで、その原因がわかった気がしました。

 

1.親は私の行動しだいで幸せに感じたり感じなかったりする。

2.親は私の行動しだいで自分を誇らしく感じたり感じなかったりする。

3.親にとって私は人生の全てだ。

4.親は私なしには生きられないと思う。

5.私は親なしには生きられないと思う。

6.もし私が本当のこと(例えば、離婚する、充実した、同性愛である、フィアンセが外国人である、等々)を打ち明けたら、親はショックで(または怒りのあまり)倒れてしまうだろう。

7.もし親にたてついたら、私はもう永久に縁切りだと言われるだろう。

8.彼らがどれほど私を傷つけたかを話したら、私はきっと縁を切られてしまうだろう。

9.私は親の気持ちを傷つきそうな事は何一つ言ったりしたりするべきではない。

10.親の気持ちは自分の気持ちよりも重要だ。

11.親と話をすることなど意味がない。そんなことをしたところで、ろくな事は無いからだ。

12.親が変わってさえくれれば、私の気分は晴れる。

13.私は自分が悪い息子(娘)であることについて親に埋め合わせをしなくてはならない。

14.もし彼らがどれほど私を傷つけたか分からせることができたら、彼らも態度を変えるに違いない。

15.彼らがたとえどんなことをしたにしても、親なんだから敬意を払わなくてはならない。

16.私は親にコントロールなどされていない。私はいつも親とは闘っている。

(引用元:『毒になる親』スーザン・フォワード著)

この中で4つ以上当てはまると毒親らしいです。

わたしは6,7,14以外のすべて(13個)が当てはまっていました。これは何かまずいのではないか?と思わざるを得ない状況でした。。。

 

一人娘で、両親の期待と不安を一心に背負って生きてきたわたし。思えば、幼稚園の時から「お前は一人っ子なのだから、お父さんやお母さん、他の人には頼らずに、甘えずに生きなさい」「お前のマイペースさを他の人が許してくれると思うな」と常日頃聞かされていたため、

「生きる時も死ぬときも一人なんだ。わたしが鈍くさいせいで、人より劣っているせいで、生きるだけで他人に迷惑をかけてしまう存在なんだ。せめて人の役に立てれば、わたしも居ていいのかな」と考えていました。すごい園児だ。将来の夢は看護師になることだと言っていた気がするしそう自分に言い聞かせていました。

「お母さんはそんなことを言うけれど、じゃあどうしてわたしは生まれてきたんだろう?」と不思議に思い母に尋ねると、「橋の下で拾ってきたんだよ」と言われたことも。これは小学校低学年のとき(我が家では性的な話はいまだにタブーです)。

「もっと人より努力しなければ、きっと親はわたしなんかにはさっさと見切りをつけてどこかに行ってしまう。だって拾われた身だから。わたしは誰にも必要とされずに産まれてしまったんだから」と思っていました。これが中学3年までつづく「産まれてきてごめんなさい」思考の始まりだったのかもしれないな、と今日、本屋で毒親関連の本を読み漁り気づきました。

「女の子らしくしなさい」「○○高校が良いと思う」「あんたにはこんなかわいい服は似合わない」「もっと痩せればいいのにね」「○○ちゃんのお母さんが変なこと言うんだけどあんたは○○ちゃんと友達なの?」「○○ちゃんはえらいのに、あんたはいつもそう」…数々の呪いをかけられていたことに気づき、本やネットを見て愕然としました。

 

なんというか、ここまで書いてあれなんですが、親のことは好きです。何不自由なく育ててもらって感謝しています。「育ててやっているのだから感謝しろ」とうちの親がよく言うのはどうかと思いますが、感謝はしています。「産まれてきてよかった」とは思いませんが「生きててよかった」と思うことも今ではたくさんあります。

だから、自分の親を毒親と言うことにかなりの罪悪感があります。こうして文章にして感情を「見える化」すると客観的に見れちゃうので。「自分の親は良く見られたい」んですね、なぜなら「かわいそう」だから。

 

でも、わたしは毒親の連鎖を自分の代で終わらせるために、向き合うことから逃げないことに決めました。

 

いつか産むかもしれない自分の子どもに、あなたはお父さんとお母さんに望まれて産まれてきたと、ありのままのあなたで生きて良くてそれだけで愛される価値があるのだと伝えたい。パートナーになる方とは、そういうことを話し合えてお互いにお互いを支え合っていける関係を築きたい。

毒親に育てられ、うつ病と闘っている友人が「親のすがたを見ていると、とてもじゃないが自分には恋愛のあこがれは持てないし、わたしの子どもに同じ事をしてしまうんじゃないかと思うと怖いから、一生結婚はしたくない」と言っていました。

それほどに覚悟が要るのだと思い知らされた瞬間でした。

彼女は「子どもを持たない」ことで連鎖を絶とうとしている。わたしはどうだろう。そんなことはしたくない。彼女は子どもが苦手なようだが、わたしは好きだ。その小さな瞳でこれからたくさんのものを見ていくのだと考えるだけでどんな子どもも愛おしい。いまお付き合いをしている恋人と、もしそんなことになったら素敵だなとも思う。完璧な母親にはなれないかもしれないけれど、精いっぱいの愛情を子どもに注ぐ自信はある。それがわたしなりの「連鎖を絶つ」ということだ。

 

そんなわけで、今わたしは実家で就活をしているのですが、内定をいただいたらバイトを始めて、引っ越し代を貯めて大学卒業までに家を出る決意をしました。

毒親のもとでの就活ったら大変です。スケジュールをすべて把握しようとしてきます(いつものこと)。今日はどうだった?と、面接のあとに面接がはじまります(いつものこと)。

でもそれを乗り越えて、入社までに自立することができなければ、たぶん結婚するまでは自立のチャンスを完全に失くすだろうなと思います。エンジニアの世界はそんな甘いもんじゃないのは承知ですから。

 

今までは親の人生。これからはわたしの人生。自分のために生きて良いんだ。そう言い聞かせて、就活も闘っていこうと思います。