考えごとのひとりごと

考えごとのひとりごと

がんばりすぎないための、こころの処方箋

身のまわりの社会学

「女の幸せ」ってなんなんだ

こんにちは。内定先ではついに早めの研修期間に入り、とうとう社会人になりつつある、すなぎもです。 タイトルにもある通り、「女の幸せ」って言葉はよくわからないものだなあ、と最近思っています。というのもきっかけは彼氏に「子どもを持つ気はない」と宣…

「あたしおかあさんだから」は絶対に子どもに聴かせてはいけない

こんにちは。先日から会社の研修も始まって、ついに大学生から社会人の仲間入りって感じだな、とひしひし感じています。日々勉強。 さて先日、『あたしおかあさんだから』という歌の歌詞が炎上していると聞き、歌詞を読んでみたんです。 www.j-cast.com で、…

大学で学べたもの

無事、卒論を提出しました。 私の学科は口頭試問が無いのでもう出せばこっちのものです。口頭試問が無い時点でお察しですが、まあとにかく文字数稼ぎに勤しむんです、みんな。私は長文書くのが好きなので、文字を稼ごうとしなくても長くなる(本当は良いこと…

自分の性が分からない私が「セクシャルフルイディティ」という言葉を聞いて

小さいころから「女の子らしくしなさい」と親や親戚から言われる割には、母親からは「ピンク色はお前には似合わない」「フリフリした服はやめなさい」というダブルスタンダードを受けていたわたし。 気づけば、わたしの頭の中には「女の自分」と「男の自分」…

Twitterってめんどくさい

わたしは実名でない趣味垢・兼リア垢という形でTwitterを3,4年ほどやっている。 いわば匿名のFacebookといった形。 なので、リアルの友人とネット上の知人がごちゃまぜになっている。 ただ単に分けるのが面倒だし、特に話す内容も大差ないので問題はなかった…

結婚しなくても幸せになれる時代、なんじゃないの?

(※ブログの説明文がふわっとしていたので、そろそろ変えます。書くことは今まで通りです。また、読者さんが4人いらっしゃるとのこと、感謝します。まだまだ初心者で至らないことあるかもしれませんが、ふらりと立ち寄ってくだされば嬉しいです。) 「若者…

大学は学ぶ楽しさを知れる場所

つい去年の春に入学したよね〜ってテンションで過ごしていたら、いつの間にか卒業論文の執筆に追われる日々を過ごしている。年を取るごとに一年過ぎるのが早くなるとは聞いていたが、こんなにだとは思ってなかった。1日1日を無駄にしまい、と生きる、今日こ…

学校のキャリア教育は鵜呑みにせず参考にしようって話

就活をしていて思うのが、「大学の就職課が言っていることと全然違うじゃん!」って思う事がありまくること。まあ毎年おんなじレジュメでおんなじ内容を教えてるんだろうからそりゃそうだわなって感じなのですが…。 「就活は人それぞれでいいんだな」と思っ…

大学が就活予備校になっているようじゃ日本の高等教育は発達しようがないよね、というお話

わたしの大学には、学部学科関係なく履修することのできるキャリア系の授業が多数あります。それはもう、多いです。ビジネスマナー、インターンシップ講座、SPI講座、さらにはゼミまで存在します。1年生から取れるものもあります。 大学が就活予備校化して…

私のふるさとは、いつまで「被災地」と言われなくてはならないのだろう

すなぎもです、こんにちは。 震災から6年。あの時どこで誰とどうしていたか。 今も鮮明に思い出し、周りと話す機会がある人がたくさんいると思います。もちろん、つらいことを無理に思い出す必要はありませんが、その時間は、大切に受け継いでいきたいもの…

リクルートスーツが喪服に見えてならない

すなぎもです、こんにちは。 こんな就活生にまつわる記事があって驚きました。twitter等で話題ですね。 style.nikkei.com 非通知電話を企業がいち個人に掛けることを、なぜおかしいと思わないのか。 就活生ってこんなにも弱い立場なのだと実感するばかりです…

「ソフト麺が消える」…この10年で学校給食はどうなったの?

小学校のころ、わたしは男子に交じって給食に命を懸けていました。 一カ月の献立表を見ながら、「今日はどれをおかわりしたら効率的か」を考えて授業時間を過ごしていたし、栄養士のお姉さんと仲良くなって「この献立はもっと増やすべきではないか」「ご飯の…

「電車で化粧、みっともない」は「迷惑だ」なら叩かれなかったのでは、という説

東急電鉄がついに重い腰を上げた。 東急電鉄ではマナー広告シリーズ「わたしの東急線通学日記」が、9月16日から駅構内や電車内でポスター、動画が掲載されている。 ii.tokyu.co.jp 現時点では全部で4種類が公開されている。 ①「整列乗車」編…「大人になると…